一般家庭のコピー機

家庭用コピー機が「プリンター」と呼ばれるようになったのは、パソコンなどのデジタル端末と接続することが前提となってからのことだったのかもしれません。それまで一般家庭で使用されていたコピー機は電話、FAXなどの複合機としてコピー機能もある電話機というようなイメージがもたれていた方も多いのではないでしょうか。

一般家庭においてコピー機を単体で購入しようというようなニーズはなかなか生まれないことがこのようなスタイルの製品を生み出してきたのかもしれません。

アナログからデジタル時代に移行しペーパーレス時代に突入してからコピー機の存在は一般家庭から消えつつあるようですが、その代わりにという表現は適切であるのかどうか分かりませんが、3Dプリンターの活躍が各産業で注目を集めているようです。