コピーを取る際の余白のポイントとは

皆さんは需要な書類をコピーする際に、気をつけなくてはならない点があることをご存じですか。たとえば上下左右の余白の幅によっては、書類に書かれた内容がきちんとコピーされないケースもあるようなのです。

コピーする際に、原紙となる書類に約2センチ程度の余白がない場合は、コピー機の拡大/縮小機能を利用してコピーされるデータを原本よりも縮小させるとコピーされる側に余白がうまれるようなのです。

場合によってはコピーしたのちの書類をファイルにとじるような場合は、ファイルに閉じる際にあけるであろう穴の位置を確認してから余裕をもった余白をもたせることがポイントとなるでしょう。

今後、皆さんがコピー原本となる書類を作成する際にも原本の余白の部分に配慮してみることで解決する問題点もなりそうです。